| 加藤 一也 ( Kazuya KATO )
13歳より音楽活動を始め、25歳までロックバンドのギタリストして活動。
音楽活動の傍ら、映像・絵画・陶芸・劇団など、様々なジャンルのアーティストと交流を深め刺激を受ける。
この時期、写真を撮られる立場としてカメラに出会い、アート写真に興味を持ち始める。
32歳で起業。
現在、自ら起業した会社の代表を務めながらフォトグラファーとして活動している。

「人が自然を好きになってくれるような作品を撮りたい。」
写真を本格的に撮り始めたきっかけは、被写体への深い愛情が注がれたマイケル・ケンナの作品との出会いから。
以来、「人が自然を好きになってくれるような作品づくり。」を信条に、モノクロームの自然風景を中心に作品を作りつづけている。

「眼で見ても認識できないなにかを。繊細に、大胆に、時には荒々しく。」
写真を単に目の前にあるものを記録するための媒体としてではなく、詩を書き、メロディーを乗せて出来上がる楽曲のように、眼で見ても認識できないなにかを語りかけてくるような、ストーリーを感じてもらえる作品としてゆくことをテーマとして掲げている。
自然への深い感謝と敬意、深い愛情をベースにしたユニークな視線でとらえられた作品は、繊細、大胆、時には荒々しい。
その作品は、主に海外のフォトコンペティションで多数入賞を果たしている。
審査員歴 : "Monochrome Awards" ( International Black & White Photography Awards )

| AWARDS

2019 ---
・ PX3 : Le Prix de la Photographie de Paris / Paris Photography Prize.
・Tokyo International Foto Awards.
2018 ---
・ MONOCHROME AWARDS (International Black & White Photography Awards)
  Atusa-Nupuri "
・ Tokyo International Foto Awards.
  Atusa-Nupuri "
・ ND(Neutral Density) AWARDS.
  Storm Zone " and " Atusa-Nupuri "
・ International Photography Awards.  Los Angeles - USA.

|    JURY 審査員歴
・8th annual "Monochrome Awards ( International B&W Photography Contest )"
    第8回 Monochrome Awards ( International B&W Photography Contest )



ボランティアで翻訳をして下さる方を募集しております。
ご興味をお持ち頂き、お手伝いして下さる方がおられましたら、下記、連絡フォームよりご連絡下さい。
宜しくお願いいたします。
Back to Top